酵素が不足した状態が続くと口内炎ができやすくなります。

口内炎の原因としては、ビタミンC不足や栄養が不足している

というような答えがでてきます。

たしかに栄養が不足しているという答えはまちがってはいませんが

すこしニュアンスがちがってきます。

口内炎ができやすくなる状態というのは、慢性的なあまりよくない食生活が

続いたときになります。

食べ過ぎや飲みすぎ 過剰に糖分や油分を食べる

夜遅い時間に食事をするなど不規則な食生活が原因と考えられます。

このような食事を続けることで、たくさんの加熱食品 食べ物が

常に胃や腸で消化吸収される状態になり

消化活動は休むひまがありません。このような状態では当然、体内の酵素も

不足してきます。その結果、毒素が蓄積され代謝不良を起こし口内炎ができるというわけです。

口内炎をできにくくするためには、酵素をとる習慣を身につけることが大切です。

意識的に酵素をとることで、体内に入った食べ物はしっかり消化され

腸にたどりついたさいにも、余裕のある状態で吸収され代謝活動もスムーズに

行われます。

その結果口内炎はできにくくなります。

日ごろから食物酵素を野菜や果物などから取ることで、口内炎ができにくく

また、口内炎ができてしまった人は、すこし消化活動を休めるためにも

食べる量を減らし、食物酵素をたっぷり取ることをおすすめします。