日ごろから自分の便の状態をチェックすることは

健康上とても大切なことです。

おならや便のにおいがきつい時は

腸内に悪玉菌がたまっている状態で、腸内で食べ物が腐敗 発行しているサインになります。

また、便の色が黒っぽい場合は油ものや脂肪分を多く取り過ぎてしまった状態です。

このような腸の状態はあまりよろしくなく

悪化すると大腸癌のリスクにもつながります。

腸をきれいにするには、酵素をたくさん取る必要があります。

ダイエットで話題の酵素ですが、まずは腸内をきれいにすることを

しなくてはいけません。

腸は食べ物の栄養を吸収する役割の器官です。

食べた物がうまく消化されずに腸内にとどまると

悪玉菌発生の原因につながります。

腸内の酵素がうまくはたらけず、酵素をどんどん使ってしまい

その結果、消化酵素が不足してしまいます。

そんな状態を脱しようと 代謝酵素が補われるため

代謝活動は衰えてしまい、不要なもの老廃物が排出されにくくなり

やせにくくなるという状況に陥ります。

腸がきれいであれば太りにくく 腸が汚れていると太りやすくなるため

腸内をきれいに保つことがポイントになってきます。

腸内をきれいにするには「酵素」を補わなければなりません。

毎日たっぷり酵素を取ることで 腸内環境が整うのですね。

大学病院の便秘専門外来で有名な先生が、りんごを1日1個食べるといい

とおはなしされていたのを聞いたことがあります。

りんごには酵素がたっぷり入っています。

腸をきれいにする食べ物の代表のようです。