いちどは耳にいれたことがあるのではないでしょうか

「酵素」

ダイエットや健康、免疫力などのキーワードの中に

よく出てくる言葉だと思います。

酵素には大きくわけると2つの種類があります。

食事によって取り入れる酵素である

「食物酵素」

体内にもともと存在している酵素である

「潜在酵素」

食物酵素とは、野菜や果物、魚、肉などに含まれている酵素のことを指します。

体内にある「消化酵素」を助ける役割です。

潜在酵素は、「代謝酵素」と「消化酵素」に分類されます。

生命維持活動を行う代謝酵素は

腸で吸収された栄養をエネルギーに変える働きをしています。

消化酵素は、食物の消化 吸収の役割。

消化器官で分泌され、腸で吸収されるよう栄養素を分解します。

潜在酵素は、生まれたときから持っている数が決まっており

徐々に数が少なくなっていくことがわかっています。

個人差はありますが、25歳をすぎたあたりから急激に減るとも言われています。

そのころの年齢になると、体重がおちにくくなったり

肌が衰えてきたことを実感するなど、代謝の低下を体験する人も

多いのではないでしょうか。

また、風邪をひきやすくなったり、体調不良が治りにくいことなども

酵素と関係しているそうです。

このような酵素の種類を知ることで

健康に気を付けることができたり

ダイエットをすることができたり

病気にまけないからだをつくることができるのです。

女性の場合、妊娠しやすいからだづくりにも関係するのではないでしょうか。

動物や植物などあらゆる生命体が生きていくうえで不可欠なのが

「酵素」

酵素は、腸内環境を整える 老化の原因となる活性酸素を排除する

老廃物を排出するなどのはたらきがあります。

毎日の生活で、高脂肪 高タンパクの食事ばかりを続けていたり

夜更かしが続いたり、ストレスをためこむこと

偏った食事をし続けることは

からだに不調をきたしていきます。

上記のような生活習慣を続けていくと、必要以上に酵素を消費することにつながり

慢性的な酵素不足におちいるのです。

体内にある潜在酵素は、消化のはたらきを優先することから

代謝が機能せず 新陳代謝の低下につながります。

酵素の種類を理解することは

生きていくうえで大事なことなのかもしれませんね。

ダイエットに健康に、美容に生かしてみてはいかがでしょうか。