25歳位をすぎたあたりから、体内の酵素が急激に減ってくる

ということが知られています。

実際 病気になりにくい人や 罹っても治りやすい人

いつまでも若々しいひとたちに共通するのは

食生活ということもいわれています。

食生活を気をつける!という言葉はよく聞きますが

具体的にはどのようなものを食べるといいのか?

いろいろな情報があるため混乱する人も少なくはないはずです。

大事なことはバランスよく!

とも言いますが

酵素が多く含まれているといわれている食べ物をとることは

はずせないことでもあります。

酵素は熱に弱いため、発酵食品や生野菜 果物に

多く含まれているそうです。

にんじん ごぼう たまねぎ きゃべつ ぱせりなどの野菜や

ブルーベリー みかん りんご メロン パパイヤなどのフルーツ

味噌 納豆 粕漬け 甘酒などの発酵食品にも

多くの酵素が入っているといわれています。

これらの食べ物のどれかを 毎食取るようにすることを

続けていくことでからだは変化していくといわれています。

今日は酵素が不足したかも・・・

なんて思ったときに 酵素ドリンクなどのサプリで

補うのもおすすめのようです。

またそれらの食べ物を続けていくことが困難な人には

手軽な酵素ドリンクはおすすめかもしれません。