酵素のはたらきと体温は関係が深いといわれています。

普通 健康な人の平熱は36.2度~36.7度と言われています。

平熱が35度代の人は、低体温に該当し代謝のちからが低下してやせにくくなったり

太りやすくなったり いろいろな病気に罹りやすくなるともいわれています。

癌細胞は 低体温の状況が繁殖しやすいことも最近ではわかってきているそうです。

いくら酵素を取っていても、体温が低すぎると効果も出にくくなってきます。

酵素を取る生活をしながら、体温を上げることも大切なポイントです。

ゆっくりお湯につかってからだを温める

たっぷり汗をかくなどが体温を上げる方法としておすすめです。

これらの方法はエネルギーを消費しやすくするので 続けることで体重を落としやすくすることにも

つながってきます。

44度前後の熱めのお湯に、おへそのあたり(下半身だけ)入浴します。

塩や重層をいれたり 発汗作用のある入浴剤をいれるようにします。

上半身は冷えないように肩にタオルをかけるように。

40分程入浴したのち、湯温を38度前後にさげて全身浴をします。

このような入浴方法は、体温上昇方法のひとつです。

入浴前には水分摂取を忘れずに。

酵素のはたらきを活発化させるためにも、体温を上げることも大切になってきます。